書き出し・挨拶の例文

英文メールで最も難しいのが「書き出し」です。「何て書けば良いの…?」と悩まれる方も多いでしょう。

そこで、一般的な英文メールの書き出し・挨拶を勉強してみます。


まずは挨拶です。事前の通知なしで、初めての相手にメールを送る時に使います。

日本語のように、「初めまして(Nice to meet you)」と書き出すことはありません。また、いきなり「My name is〜」と書くのもオススメ出来ません。カジュアルな印象を与えてしまうためです。

また上記の文章は、「初めてメールをする相手」に使える表現です。すでに何回もやり取りをしている相手には、このように書く必要はないでしょう。


それでは次に、「すでに何回もやり取りしている相手」に対する、「書き出しの表現」を勉強してみます。

日本語のように、「いつもお世話になっております」のような表現は必要ありません。メールの目的をズバッと最初に書くのがビジネスマナーです。

また、目的を伝えるのではなく、何かの「確認」をする場合、書き出しの例文は以下になります。

「confirm(confirmation)」の言葉を入れると、確認メールの書き出しに変身します。簡単ですのでぜひ覚えておきましょう。


もう1つ、相手から来たメールに返信する時の、書き出しも見ておきます。

1番目がよく見る表現ですが、2番目の「○月×日のメールについて返信いたします」の方が、相手に対する「思いやり」を感じます。高いレベルでのマナーが伺えるでしょう。

いかがでしょうか?書き出しや挨拶は、意外と難しいものです。しかし上記を参考にすれば、スラスラと書き始めることが出来るでしょう。

余計な言葉を入れず、伝えるべきことをズバッと最初に書く

これが、挨拶や書き出しの技術です。これさえ覚えておけば、もう悩む必要はありませんね。

サイト紹介
skype(スカイプ)で受講できるオンライン英会話の比較サイト!サイト管理人が各スクールの体験レッスンを受講しレポートしています。

項目一覧

関連タグ

不在通知 email 結び 予約 件名 略語 書き出し 返信 お礼 文例 署名 自己紹介